■メインメニュー
[第1章]:非常食に関して
[第2章]:サバイバルツール
[第3章]:防災の知恵
[第4章]:普段から心がける事
[第5章]:被災時にやること

車の中に積んでおくもの1

前回は車内泊をおすすめしました。
では、車の中で過ごすために何が必要なのか。
考えていきましょう。

まず私は携帯を充電するためのソーラー充電器を置いてあります。
使っているのは
PowerFilm 「AA SOLAR CHARGER」

こいつはエネループに充電するタイプで、USB出力できるものもあります。
コレにiphone4をつないで、いつでも携帯が使えるようにしています。
これをダッシュボードに広げておけば、毎日数時間はiphoneを使うことができるので、情報源や暇つぶしに事欠くことはありません。

次に、折りたたみ式のポリタンクと浄水器。
やはり被災時は水の確保が重要ですね。
給水車が来たとき、水をいれる容器がないと絶望です。
折りたたみ式のポリ容器ならば置き場所に困ることもありません。

次に、緊急時脱出用のハンマー。
311で津波にのまれた人は、車内で亡くなられている人が多かったようですね。
車が水に完全につかってしまうと、水圧の関係上人間の力ではドアを開けることができません。
そんな際、ガラスを割るためにこの緊急時のハンマーが必要となります。
最悪、iphoneでたたき割るのもいけるかも・・・?(笑)
また緊急脱出用のハンマーを買う場合は、ライト機能を搭載していたり、シートベルトが切断できる機能を有しているものもありますので、色々と検討してみてください。
■関連画像
[車の中に積んでおくもの1−>kokoro]に関する関連の画像です。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■スポンサードリンク



[0]:普段から心がける事
[1]:風呂の水は捨てるな!
[2]:風呂の水は捨てるな!その2
[3]:風呂の水だって飲める!
[4]:シャンプーを使う癖をやめる
[5]:肉食中心の生活をやめる
[6]:自炊のススメ
[7]:体を鍛えよう
[8]:登山やキャンプを趣味にしよう
[9]:車内泊・車中泊に慣れる
[10]:車の中に積んでおくもの1
[11]:車の中に積んでおくもの2
[12]:車の中に積んでおくもの3
[13]:人生でやりたいことをまとめておく
トップへ戻る

■項目
非常食に関して
サバイバルツール
防災の知恵
普段から心がける事
被災時にやること





Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。