■メインメニュー
[第1章]:非常食に関して
[第2章]:サバイバルツール
[第3章]:防災の知恵
[第4章]:普段から心がける事
[第5章]:被災時にやること

風呂の水は捨てるな!その2

さてさて、風呂の水を有効活用することを前の記事では特に強調してきました。
では、なぜ風呂の水を洗濯や便所の水として使う事をオススメしたのか。
それは、被災時には「水が極めて重要だ」ということです。

人間は、一日生きてく上で最低2リットルもの水を必要とするとされます。
2リットルって結構な量ですよ?
ペットボトル大2本分。
こんなストックを、常に大量に置いておくのは結構難しい話。
けれど、風呂の水は生活する上でいつも満たしておくことができるので、無理がないという訳です。

被災して電気ガス水道が止まっても、トイレを風呂の水で流せるという事は、普通の人は知らない事が多いのです。
また、被災した際に始めてやろうとしても、水を大量に流しすぎてしまったりと無駄が出るんですよ。
私も初めの頃は○○を流す際はバケツ一杯の水を使って流していました。
けれど今では、大体半分ほどの水があれば十分流れると言うことを知りました。
これは大きな進歩です。
大体、3リットルほどの水を使って流していましたが、今では1リットル弱で行けるということ。
1リットル弱もの水を、被災時に有効活用できると言うことになります。

長くなるので続きはまた。
■関連画像
[風呂の水は捨てるな!その2−>kokoro]に関する関連の画像です。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■スポンサードリンク



[0]:普段から心がける事
[1]:風呂の水は捨てるな!
[2]:風呂の水は捨てるな!その2
[3]:風呂の水だって飲める!
[4]:シャンプーを使う癖をやめる
[5]:肉食中心の生活をやめる
[6]:自炊のススメ
[7]:体を鍛えよう
[8]:登山やキャンプを趣味にしよう
[9]:車内泊・車中泊に慣れる
[10]:車の中に積んでおくもの1
[11]:車の中に積んでおくもの2
[12]:車の中に積んでおくもの3
[13]:人生でやりたいことをまとめておく
トップへ戻る

■項目
非常食に関して
サバイバルツール
防災の知恵
普段から心がける事
被災時にやること





Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。