■メインメニュー
[第1章]:非常食に関して
[第2章]:サバイバルツール
[第3章]:防災の知恵
[第4章]:普段から心がける事
[第5章]:被災時にやること

肉食中心の生活をやめる

あなたはお肉好きですか?
私も嫌いではないんですが、個人的な理由から最近は肉を食べてません。
魚もあまり食べないんで、ややベジタリアンな感じです。

ベジタリアンになると、食器を洗う際に少し変わることがあります。
それは「洗剤をあまり使わなくなる」ということです。
どういうことかというと、油物があまりなくなるため、食器を台所用洗剤であらう必要が無くなる、と言うことですね。
水を汲んでおいたたらいに食器をつけ、スポンジでなでるだけで殆どの汚れは落ちます。
私が玄米食だというのも理由の一つで、玄米は白米にくらべて食器にこべりつきにくいというのも圧倒的な利点。
玄米は洗う際に白米ほどぬかが出ないので、洗うための水を節約できるのも大きい。
栄養価も満点で万能食と呼ばれる程です。

まな板もあまり汚れないので、少量の洗剤を使えばいい。
フライパンで野菜炒めを作るとき等は油を使いますので洗剤が必要になりますが、それもテフロン加工をしてある物をつかえばいい。

なので、水を使う機会がかなり減るのです。
普段からこのように、油の出る肉食系の食事をとらないようにすると、水を使う機会が圧倒的に減ります。
こういった節約術は、普段から心がけていないと、いざ被災したときにはすぐにはできません。
常に省エネ生活になることで、緊急時に生き残れる可能性も増すというわけですね。

余談ですが、私は33才ですが、同世代の人達に比べて明らかに若く見られます。
菜食は胃腸にかかる負担がかなり減るため、老いにくくなります。
また、顔を洗剤で洗わないのも、若く見られる理由のようですね。

■関連画像
[肉食中心の生活をやめる−>kokoro]に関する関連の画像です。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■スポンサードリンク



[0]:普段から心がける事
[1]:風呂の水は捨てるな!
[2]:風呂の水は捨てるな!その2
[3]:風呂の水だって飲める!
[4]:シャンプーを使う癖をやめる
[5]:肉食中心の生活をやめる
[6]:自炊のススメ
[7]:体を鍛えよう
[8]:登山やキャンプを趣味にしよう
[9]:車内泊・車中泊に慣れる
[10]:車の中に積んでおくもの1
[11]:車の中に積んでおくもの2
[12]:車の中に積んでおくもの3
[13]:人生でやりたいことをまとめておく
トップへ戻る

■項目
非常食に関して
サバイバルツール
防災の知恵
普段から心がける事
被災時にやること





Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。