■メインメニュー
[第1章]:非常食に関して
[第2章]:サバイバルツール
[第3章]:防災の知恵
[第4章]:普段から心がける事
[第5章]:被災時にやること

体を鍛えよう

震災が起きた際、がれきの下から抜け出す際や救助作業など、普段よりも体力を消費します。
なので、普段からカラダを鍛えるようにしましょう。
鍛えると言っても筋肉ムキムキになる必要はありません。
そんな、燃費の悪い筋肉体質になっても、非常食を無駄に消費するだけなので。

仕事場で被災したときは、帰宅難民になってしまう可能性が高いですね。
その際は、歩いて自宅に帰ることになります。
普段からウォーキングをするなど、歩くことに慣れておく必要があるでしょう。

また、被災時は無理な運動を強いられるため、体の筋に無理がかかることは容易に想像できますね。
昔、学校の先生が準備運動なしにバスケットボールを初め、アキレス腱が切れたことがあると聞いたことがあります。
その際は「ブチッ!」とものすごい音をたてて切れたようで・・・恐ろしい話ですね。
私も昔アキレス腱をかなり痛めたことがあり、関知するまでに5年の歳月がかかりました。
筋を痛めると、それだけ回復に時間がかかってしまいます。
ましてや被災時にはそんな余裕もない。
真っ先に動けなくなって、死んでしまうでしょうね。
なので、普段からストレッチをし、体の筋をほぐしておく必要があります。
これはいきなりやってはだめですよ?
少しずつ時間をかけて体をほぐしていくんです。

普段から柔軟で弾力性のある筋と筋肉を鍛えることで、被災時には生存率をかなり向上させることもできるでしょう。
■関連画像
[体を鍛えよう−>kokoro]に関する関連の画像です。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■スポンサードリンク



[0]:普段から心がける事
[1]:風呂の水は捨てるな!
[2]:風呂の水は捨てるな!その2
[3]:風呂の水だって飲める!
[4]:シャンプーを使う癖をやめる
[5]:肉食中心の生活をやめる
[6]:自炊のススメ
[7]:体を鍛えよう
[8]:登山やキャンプを趣味にしよう
[9]:車内泊・車中泊に慣れる
[10]:車の中に積んでおくもの1
[11]:車の中に積んでおくもの2
[12]:車の中に積んでおくもの3
[13]:人生でやりたいことをまとめておく
トップへ戻る

■項目
非常食に関して
サバイバルツール
防災の知恵
普段から心がける事
被災時にやること





Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。