■メインメニュー
[第1章]:非常食に関して
[第2章]:サバイバルツール
[第3章]:防災の知恵
[第4章]:普段から心がける事
[第5章]:被災時にやること

車内泊・車中泊に慣れる

車は最強の非常グッズです。
中で眠ることもできますし、トランク内に各種の非常食を置いておくこともできる。
エンジンをかければ被災地から脱出することも可能ですし、携帯の充電も可能。
テレビやラジオにより情報を得ることもできるし、特定の登山用バーナーを使えば、ガソリンを抜き出し炊事もできる・・・かも(っとこれは違法か?)

私は、車に各種防災グッズを置いてあります。
内容に関してはまた次の機会で。

今回は車中泊・車内泊のススメです。
車の種類によりますが、後部座席を倒すと完全にフラットになるものが良いですね。
多少の段差があっても、眠る際には気になるものです。
私はマツダのアクセラにのっていますが、この点はNG。
フラットにならないので、エアーベッドをトランクの中に入れてあります。
これでなんとか、ギリギリ眠れるかな?といった感じ。
まぁ最悪、座席で眠ることも可能です。
が、その場合はエコノミークラス症候群に気をつけてください。
エコノミークラス症候群は全身の血流が悪くなることが原因なので、固めのシートで寝返りがうてない状態だと、なり易いようです。
ここらへんは色々と工夫をするべきでしょうね。
やはり理想は毛布やシートをしいて、フラットな床に寝ること。
車選びは重要ということです。

可能ならばキャンピングカーを導入するのもよいでしょう。
キャンピングカーならばまさに動く家なので、被災時にも大活躍することでしょうね。

車中泊は、いざ震災が来てからやろうと思っても中々慣れないので寝付けなかったりしてかなりのストレスになるでしょう。
なので、普段から車の中で過ごすことに慣れておいたほうが良いです。
なにが必要なのか、おのずと分かってきますからね。
■関連画像
[車内泊・車中泊に慣れる−>kokoro]に関する関連の画像です。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■スポンサードリンク



[0]:普段から心がける事
[1]:風呂の水は捨てるな!
[2]:風呂の水は捨てるな!その2
[3]:風呂の水だって飲める!
[4]:シャンプーを使う癖をやめる
[5]:肉食中心の生活をやめる
[6]:自炊のススメ
[7]:体を鍛えよう
[8]:登山やキャンプを趣味にしよう
[9]:車内泊・車中泊に慣れる
[10]:車の中に積んでおくもの1
[11]:車の中に積んでおくもの2
[12]:車の中に積んでおくもの3
[13]:人生でやりたいことをまとめておく
トップへ戻る

■項目
非常食に関して
サバイバルツール
防災の知恵
普段から心がける事
被災時にやること





Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。