■メインメニュー
[第1章]:非常食に関して
[第2章]:サバイバルツール
[第3章]:防災の知恵
[第4章]:普段から心がける事
[第5章]:被災時にやること

防災防犯画像(メイン):おでん缶を食う! border=0

おでん缶を食う!

さて、非常食の記事の第一弾はおでん缶。
なぜ、最初がおでん缶?と突っ込まれそうですが、まぁ単に夕食のおかずが無かったから使っちゃっただけです(笑)

おでん缶の有用性は様々ありますが、
(1)水分・塩分を同時に補給できる
(2)汁物なので食べやすい
(3)長いクシがこんにゃくにささっていて、これで他の具を食べられる
(4)缶詰なので保存が利く
(5)普通に美味いので、賞味期限が切れそうなときに苦痛無く消費できる
と、保存食としてはかなりメリットが大きいのが特徴です。

弱点は、
(1)暖めないとあんま美味しくない(冷めててもまぁ食える)
(2)重い(水分が多い上に缶なので)
という感じ。
なので、非常持ち出し袋に入れておくよりも、倉庫に眠らせておくといった風にするのが良いかなと思います。

画像を見て貰えば分かりますが、クシが中に入っていますね。
私の食べたおでん缶では、具が
・こんにゃく
・魚肉すり身
・ちくわ・
・さつまあげ
・大根
・うずら卵*3ヶ
と内容が豊富。
私は肉類がにがてなんであえてこのおでん缶を選びましたが、他のタイプだと牛すじが入っていたりもします。
それはそれで美味しいようですね。

■関連画像
[おでん缶を食う!−>shoku]に関する関連の画像です。
防犯防災グッズ(関連写真)おでん缶を食う!−>shoku->その1防犯防災グッズ(関連写真)おでん缶を食う!−>shoku->その2防犯防災グッズ(関連写真)おでん缶を食う!−>shoku->その3


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■スポンサードリンク



[0]:非常食に関して
[1]:おでん缶を食う!
[2]:パンの缶詰を食ってみる!
[3]:水もどりあんこ餅を食ってみる!
[4]:みかんの缶詰は非常食には不向き
[5]:アルファ米わかめご飯(賞味期限2年過ぎ)食ってみた
[6]:アルファ米五目ご飯(賞味期限2年超え)食べた
トップへ戻る

■項目
非常食に関して
サバイバルツール
防災の知恵
普段から心がける事
被災時にやること




Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。